暗号資産CFDサービス「みんなのコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨


みんなのFXが提供する暗号資産CFDサービス「みんなのコイン」の基本情報・特徴・取扱い銘柄・メリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:仮想通貨関連の基礎知識をわかりやすく解説「まとめ記事一覧」

「みんなのFX」とは?

minnanoFX-Logo

「みんなのFX」とは、トレイダーズ証券株式会社が提供しているFXサービスです。同社は日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドルなど様々な法定通貨のレバレッジ取引サービスを提供しており、2022年1月にはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を対象とした暗号資産CFDサービスが提供開始されています。

同社は口座開設・取引・ロスカット・ダイレクト入金・出金などにかかる各種手数料をゼロにしているだけでなく、取引時の売買価格差であるスプレッドも業界最狭水準で設定することによって、他社サービスよりも有利な環境でFXトレードに参加できる環境を構築しています。

また、自社開発したシステムによって約定スピードの高速化を実現し、社内バックテストでは「99.9%」の約定率を記録しているとも報告されています。FXトレードにおける大規模な価格変動時などには「注文がうまく約定せずに大きな損失が生まれる」ということも多いため、約定速度や約定率は非常に重要となります。

「みんなのコイン」とは?

minnanocoin-Logo

「みんなのコイン」とは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの仮想通貨をレバレッジをかけて取引することができる暗号資産CFDサービスです。同サービスではレバレッジ2倍で暗号資産を取引することができるため、少ない金額から仮想通貨トレードを始めて大きな利益を狙うことができるようになっています。

このサービスも取引手数料が無料となっており、建玉管理料も0.04%と安く設定されているため、「暗号資産の現物取引よりも少ない資金で仮想通貨取引を始めることができる」という利点を有しています。

レバレッジ取引であるため「仮想通貨を購入して外部ウォレットや取引所に送金する」といったことはできないものの、それと同時に「暗号資産流出の心配が必要ない」という利点も有しています。仮想通貨を自分自身で保有して各通貨・プロジェクトが持つ利点やサービスを実際に利用してみたい場合には暗号資産取引所などで『現物暗号資産』を購入する必要がありますが、「仮想通貨売買で値動きから利益を出したい」と考えている方には魅力的なサービスとなっています。

「みんなのコイン」の取扱い銘柄

「みんなのコイン」で取引可能な暗号資産は2022年4月時点で以下の2銘柄となっています。
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)

「みんなのコイン」の特徴・メリット

「みんなのコイン」の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

各種手数料が無料

「みんなのコイン」は取引手数料が無料で、ポジションの持越しで発生する建玉管理料も0.04%と安く設定されているため『現物取引よりも少ない資金で取引が始められる』という利点を有しています。

また、口座開設手数料・口座維持手数料・取引手数料・ロスカット手数料・ダイレクト入金手数料・出金手数料などといった各種手数料もゼロに設定されているため、手数料のことを気にせず気軽にサービスを利用することができるようになっています。

レバレッジ2倍で暗号資産取引

「みんなのコイン」では2倍のレバレッジで暗号資産を売買することができます。日本では暗号資産レバレッジ取引サービスのレバレッジ上限は”2倍まで”と定められているため、2倍以上の高い倍率で取引を行うことはできませんが、通常の暗号資産現物取引と比較すると、より少ない資金で大きな利益を狙うことが可能となっています。

ただし、レバレッジ取引を行う場合には『大きな利益を狙える一方で、大きな損失が生まれる可能性もある』ということを理解しておくことが非常に重要です。レバレッジ取引で証拠金ギリギリのポジションをとってしまった場合には、ロスカット制度によって注文が強制的に決済され、大きなマイナスの状態で約定してしまう可能性もあるため、サービス利用時には十分な計画とリスク管理が必要となります。

暗号資産流出などの心配がない

暗号資産取引所などで現物仮想通貨を取引・保有している場合には「ハッキングなどによる仮想通貨流出」の被害を受ける可能性がありますが、みんなのコインのサービスはあくまでもレバレッジ取引であり、現物暗号資産を実際に保有するわけではないため、『暗号資産流出や仮想通貨送金ミスなどの心配がない』という利点を有しています。

実際に仮想通貨を自分で保有することはできないため、分散型アプリ(DApps)分散型金融(DeFi)などといった仮想通貨関連サービスを利用したい」という方にはおすすめできないものの、「トレードによって仮想通貨市場の値動きから利益を出したい」という方には魅力的なサービスとなっています。

iPhone・Android向けの専用アプリ

「みんなのコイン」はiPhone・Android向けの専用アプリも提供しているため、外出先などでもスマホアプリから手軽に取引を行うことが可能です。アプリは直感的に操作できる見やすい画面で設計されており、スピード注文も可能、チャートでテクニカル分析も可能となっているため、高度なトレードをおこなっている方にも魅力的なツールとなっています。

具体的には「成行・ストリーミング・指値・逆指値・IFD・OCO・IFO・一括決済」などといった豊富な注文方法が提供されている他、「移動平均線・ボリンジャーバンド・一目均衡表・RSI・MACD」などのテクニカル指標や「チャート描画機能」も搭載、チャート価格を見ながらワンタップで新規発注を行うことも可能となっています。

>>「iOS向けアプリ」はこちら
>>「Android向けアプリ」はこちら

コールセンター対応による安心サポート

「みんなのコイン」は国内上場企業グループが運営する日本のサービスであるため、「日本語公式サイトのお客様サポート」や「コールセンター対応」などといった充実したサポート環境が構築されています。

海外の暗号資産取引所では、より高いレバレッジで豊富な銘柄を取引できるサービスが提供されていますが、そのような海外取引所は日本語に対応していないことも多いため、『日本語サポート有りの環境で安心してサービスを利用したい』という方はみんなのコインを利用する方が良いと考えられます。

「みんなのコイン」のサービス概要・各種手数料

【サービス概要・各種手数料】
預入通貨:日本円
入金方法:ダイレクト入金・振込入金
レバレッジ:個人・法人ともに2倍
取引手数料:無料
口座維持費:無料
入金手数料:ユーザー負担(ダイレクト入金は無料)
出金手数料:無料
建玉管理料:0.04%/日
出金にかかる日数:依頼後3営業日以内
取引システム:コイントレーダー アプリ版
注文種別:成行・ストリーミング・指値・逆指値・IFD・OCO・IFO・一括決済
ワンクリック注文:可能
決済ポジション指定:可能
両建:可能
注文の有効期限:本日中・無期限
レート表示:2WAY表示

【取引時間】
メンテナンス時間を除いた24時間365日

【日次メンテナンス時間】
米国標準時間:月曜日AM6:00~AM6:25・火曜日~日曜日AM6:50~AM7:10
米国夏時間:月曜日AM6:00~AM6:25・火曜日~日曜日AM5:50~AM6:10

【週次メンテナンス時間】
土曜日PM0:00~PM6:00

【取扱銘柄】
BTC/JPY(ビットコイン/円)
ETH/JPY(イーサリアム/円)

【取引単位】
BTC/JPY:0.01BTC
ETH/JPY:0.1ETH

【取引上限(1取引の最大発注数量)】
BTC/JPY:3BTC
ETH/JPY:100ETH

【最大保有建玉数量】
BTC/JPY:50BTC
ETH/JPY:1,000ETH

【建玉件数上限】
全銘柄の売建玉と買建玉を合計して500件

【ロスカットについて】
コイン口座の証拠金維持率が100%未満になった場合、維持率が100%を回復するまでコイン口座の古い建玉から順次強制決済

みんなのコインの画像みんなのFX・みんなのコインの登録はこちら

Source: 仮想通貨(暗号資産) – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

タイトルとURLをコピーしました