米中間選挙に向けたWeb3.0の意識調査、a16zが発表

Web3.0についての意識調査を実施米大手ベンチャーキャピタルa16zは17日、Web3.0についての意識調査を発表した。2022年の米国中間選挙に向けて、有権者がWeb3.0をどれくらい重視しているのかを測定することが目的の一つだった。関連:ジャック・ドーシー氏、Web3.0批判で論争に発展調査は、2021年12月1日から3日にかけて、米国内の有権者2,191人にオンラインでインタビューしたものである。その結果、回答者の5人に1人が暗号資産(仮想通貨)を所有しており、79%が、Web3.0を推進する候補…
Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

タイトルとURLをコピーしました