DEP用いた新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」オープンβ版公開:DEA社

仮想通貨


ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を活用したPlay-to-Earnゲームなどを展開している「Digital Entertainment Asset(DEA)」は2022年8月15日に、同社が運営する「PlayMining」のゲームタイトル『Cookin’ Burger』のオープンβ版をローンチしました。

こちらから読む:The Sandbox、パリス・ヒルトン氏とコラボ「ゲーム」関連ニュース

スマホ・PCなどのブラウザからプレイ可能

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を活用したPlay-to-Earnゲームなどを展開している「Digital Entertainment Asset(DEA)」は2022年8月15日に、同社が運営する「PlayMining」のゲームタイトル『Cookin’ Burger』のオープンβ版をローンチしました。

『Cookin’ Burger』は、バーガーショップの店員として様々なタイプのお客のオーダーを受けて、正確かつスピーディーに料理を提供してお店の評判をあげることを目指すマルチタスク料理ゲームであり、プレイヤーは様々なグレードから成るショップNFTを購入することによってゲーム内でお店のオーナーになることが可能、ゲームプレイを通じてお店の評判を高め、評判が高まるほどゲーム内でDEAPcoinを獲得する機会を増やすことが出来る仕組みとなっています。

ゲーム内容はシンプルであるものの、お客さんの好みを覚えたり、より効率的な調理の順序を考えたりと、実際のお店を切り盛りするかのようなテクニックが要求されるなど、実際のハンバーガーショップの経営を疑似体験できるゲームとなっています。

なお、このゲームはスマホ・タブレット・パソコンなどのブラウザから「Cookin’ Burgerの公式サイト」にアクセスすることによってプレイすることができるようになっており、ショップNFTを保有していない場合でも「無料のショップ」を利用してゲームをプレイできるため、誰でも気軽にゲームで遊ぶことが可能となっています。

また、今後リリースされる『Cookin’ Burger正式版』では、ランキングに基づいてランキング報酬が獲得できるようになるなど、様々な追加機能が実装される予定だと報告されています。

>>「Cookin’ Burger」のゲームプレイはこちら
>>「Cookin’ Burger」のゲーム概要はこちら
>>「DEA社の公式発表」はこちら

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の取引が可能な暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちら。

暗号資産取引所ビットポイントの画像


暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

Source: 仮想通貨(暗号資産) – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

タイトルとURLをコピーしました