米FRB、仮想通貨企業の連銀口座開設に関する新ガイドラインを発行

仮想通貨銀行の審査を考慮米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、暗号資産(仮想通貨)を扱う企業やフィンテックなど新しい種類の金融機関を念頭に、連邦準備銀行マスター口座開設に関わるガイドラインを発表した。こうした金融機関に対しては一般的に、より厳格な審査が行われるという内容を盛り込んでいる。背景金融機関が他の機関との決済を行うためには、連銀にマスター口座を開設することが必要となるが、これまで仮想通貨銀行などについては、この口座を開設する許可が付与されにくい現状があった。FRBのジェローム・パウエル議長は1月…
Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

タイトルとURLをコピーしました