ハッキングされたNomad、仮想通貨返還に10%の報奨金を提供

不正流出した資金の返還を呼びかけDeFiクロスチェーンブリッジNomadは5日、同プラットフォームに資金を返還した場合、その10%の報奨金を与えるとハッカーに呼びかけた。背景として2日未明、Nomadから暗号資産(仮想通貨)ラップドビットコイン(WBTC)、イーサリアム(ETH)、ステーブルコインUSDコイン(USDC)などの形で、約200億円相当の資金が不正流出したことがある。ハッキングの原因はコードに誤って記述された部分があったことだ。最初の攻撃者がコードの脆弱性をついた後、すぐに数百アカウントが集ま…
Source: 仮想通貨ニュースサイト-CoinPost

タイトルとURLをコピーしました