HEXA×クラウドサーカス「企業向けWEB3.0/NFT活用支援ソリューション」提供へ

仮想通貨


メディアエクイティ株式会社は2022年6月23日に、同社が提供するNFT発行・販売マーケット「HEXA(ヘキサ)」が、WEB3.0サービスやNFTを活用した新規サービスの立ち上げ・開発支援サービスを本格スタートすることを発表しました。同サービスは「クラウドサーカス株式会社」と合同で提供されると説明されています。

こちらから読む:オンラインクレーンゲームにNFT活用「暗号資産」関連ニュース

NFTを活用した企画をトータルサポート

HEXA(ヘキサ)を提供しているメディアエクイティ株式会社は2022年6月23日に、企業向けに「WEB3.0/NFTを活用した新規サービスの立ち上げ・開発支援」を提供するサービスをクラウドサーカス株式会社と合同で開始することを発表しました。

HEXAは月間アクセス数300万を突破した日本円だけでNFTを発行・売買できる日本最大級のNFTマーケットプレイスであり、クレジットカード決済でPCスマホから簡単にNFTを購入できるほか、仮想通貨ウォレット一切不要でNFTを購入・売却・発行することが可能、NFTとリアルを掛け合わせたスポンサーNFT・HEXAメタバースと連携した住民票NFT・広告枠NFTなど、日本初の様々なNFT発行スキームを実現しています。

クラウドサーカス株式会社は、2009年設立以降クリエイティブ企業へ提供する電子ブック作成ソフト「ActiBook」の開発・販売を開始し、現在はAR制作ソフト「COCOAR」「LESSAR」や、ソフトで作成したデジタルコンテンツを活用したイベントの企画支援を行うなど、企業のマーケティングを支援する合計11種類のSaaSツールの開発・提供をおこなっています。

今回発表された「企業向けNFT活用支援ソリューション」では、HEXAの実績・技術力・事業運営ノウハウと、クラウドサーカスのソフトウェア開発技術・サービス設計ノウハウを融合して、法人顧客向けにブロックチェーン・NFT関連技術を活用した新規サービスの提供を行うことによって顧客の収益強化を支援していくとのことで、システムやサービスを作るだけではなく、日本最大級のNFTマーケットプレイス&メタバースとの連携を行うことでのシナジーも見込めると説明されています。

具体的なサポート内容としては「NFTの発行管理・コンテンツ制作・企画PR協力・特設販売ページ制作・Twitterキャンペーン・その他ご相談」などが挙げられており、NFTを活用した企画をトータルサポートすると説明されています。

>>「メディアエクイティ株式会社」の公式発表はこちら
>>「企業向けNFT活用支援ソリューション」の詳細はこちら

Twitterアカウントで簡単登録「HEXA(ヘキサ)」の新規登録は以下のリンクからどうぞ。

HEXAの画像HEXAの新規登録はこちら

Source: 仮想通貨(暗号資産) – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

タイトルとURLをコピーしました