オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

仮想通貨


株式会社Gaudiyは2022年6月22日に、サイバーステップ株式会社と連携して「オンラインクレーンゲームとNFTを活用した新たなファン体験を創出する取り組み」を試験的に開始したことを発表しました。今回の取り組みでは、サイバーステップ社が運営するオンラインクレーンゲーム「トレバ」でNFT景品を配布する仕組みがテストされています。

こちらから読む:ベントレー、Polygon基盤の限定NFT発行へ「暗号資産」関連ニュース

「星めぐり学園NFTブロマイド」を景品として配布

株式会社Gaudiyは2022年6月22日に、サイバーステップ株式会社と連携して「オンラインクレーンゲームとNFTを活用した新たなファン体験を創出する取り組み」を試験的に開始したことを発表しました。

Gaudiyはファンの熱量を最大化するWeb3時代のファンプラットフォーム「Gaudiy Fanlink」を開発・提供している東京都の企業であり、2018年の創業からブロックチェーンを中心とする先進技術を活用したコミュニティサービスを展開、これまでには「ソニー・ミュージックエンタテインメント社・集英社・バンダイナムコエンターテインメント社」などの大手エンタメ企業にもサービスを提供しています。

今回の発表では「Gaudiy FanLink」を活用してサイバーステップ社が運営するオンラインクレーンゲーム「トレバ」の景品としてNFTを配布する取り組みを2022年6月23日から試験的に開始したことが報告されています。

この取り組みではVTuberグループ『星めぐり学園』に所属する「倉持京子」「帝」「オグリ・メル」3名の”限定ボイス付きNFTブロマイド(全6種類)”が景品として配布されており、トレバ内で獲得したデジタルコードをGaudiyが提供する専用アプリ「トレバウォレット」に入力すると、NFTブロマイドが入手できる仕組みとなっています。

実在するクレーンゲームをデバイスから遠隔操作して楽しむことができる「オンラインクレーンゲーム」では、海外利用者も年々増加しているとのことですが、”景品を海外へ郵送するコスト”が市場成長の課題となっていたため、景品としてNFTを活用することによって景品郵送コストの課題を解決することができると期待されています。

オンラインクレーンゲームとNFTとの組み合わせは、ガイドラインや法整備が追いついていない現状がありますが、Gaudiyは『弁護士の見解を踏まえて取り組んでいく』と説明しています。

>>「Gaudiy」の公式発表はこちら
>>「星めぐり学園NFTブロマイド」の詳細はこちら

Source: 仮想通貨(暗号資産) – 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ

タイトルとURLをコピーしました